8月, 2013年

田舎暮らしのその後の高齢になった時のことも考えよう

2013-08-15

憧れの田舎暮らしのために働き盛りのうちからしっかり貯金しておこうという方は大勢いらっしゃいますが、将来田舎暮らしをする事が出来たとしてもその後の生活がどうなるかは全く分かりません。

もしかしたら大きな怪我を負って寝たきりの状態になってしまったり車椅子生活になってしまったりと今まで想像もしていなかった形で生活を送らねばならなくなったという方も少なくありません。

そんな事態に陥った時でも安心して生活する事が出来そうな高齢者専用の賃貸住宅がある地域を探しておくのも将来を見越した良い選択であるといえるでしょう。

最近は田舎も高齢者が増加してきているためそういった施設が増えてきているといいます。

現に介護者向けの施設を求める声は増加の一途を辿っており、今働き盛りの人が第二の人生を歩き出すころには高齢者が利用する介護施設はより多くなっている事でしょう。

夢のある田舎暮らしも出来ることなら過ごしたいところですが、常に悪い事態を見越した備えを怠らないことも大切なことだと覚えておきましょう。

婚活であろうが高齢者専用賃貸住宅だろうが知らなきゃ損

2013-08-06

やはり見易さが重要なのと、初めての人でも分かり易かったり想像しやすいということが大切だと思います。
私が婚活サイトを見始めたのは数ヶ月前からですが、婚活内容も全く知らなかったので例えばお見合いパーティーといえば、ドレスでホテルの立食パーティーみたいなものと勝手に思いこんでいました。

ところが、サイトをみてみるとどこのサイトも多いのが全員着席型とか2ショット個室型とかでした。
パーティーを想像していた私にとっては意味不明で問い合わせてしまいました。又、服装もどんなのがいいのか想像がつかず困りました。
結局それも問い合わせてしまいました。
婚活パーティーそのものの知識も少ないので、まずはいろいろと分からなければ私のように問い合わせしてみるのも一つ。
もう一つは婚活に実際に参加された方たちの口コミから雰囲気や情報をくみ取るのもいいでしょう。
そんな婚活の口コミはエクシオの口コミなどといったところで情報提供されてますよ。
また口コミといった情報も大事ですが
写真がたくさん載っていればもっと初心者でも想像しやすいのだと思いました。

ましてや、私みたいに勝手な思いこみをしている場合ですと、文章で内容を読めば読むほど訳が分からなくなり面倒くさがりの人でしたら問い合わせるどころか行くことをやめてしまうのではないでしょうか。

パーティーのカップル成立のパーセンテージを毎回公表してくれているサイトは、参加してみたくなります。
現実的に感じるし自分も成立したいという想いが高まります。

サイトをみていつも思うことが、会社によって条件設定が豊富なところとそうでないところの差が激しいという事です。
ある会社は例えば身長制限、役職制限、煙草制限など設けていますが
一方は毎回年齢制限のみとなるとアクセスも制限豊富な方に頻繁にしてしまいます。
婚活もそうですが、私の祖父がいま高齢者専用賃貸住宅について調べているのですが、これも画像や口コミが選ぶ大きな基準となりますね。

変形性膝関節症の場合、治療にふさわしい高齢者専用賃貸住宅を

2013-08-05

最近増えている高齢者専用賃貸住宅は、国土交通省と厚生労働省が連携して進めている、高齢者が介護のサービスも受けながら住むことが出来る賃貸住宅です。

高齢者専用賃貸住宅は、高齢者だけを入居対象としているので、高齢者の生活を考慮し、バリアフリー構造など、高齢者が住みやすい住宅というイメージがあります。

ただ、知っておくべきなのは、バリアフリーは義務ではない、ということです。
高齢者専用賃貸住宅は、サービスが受けられる、という点では有料老人ホームと同じですが、有料老人ホームと違うのは、管轄が国土交通省で、運営は各事業者に委ねられる、ということです。

高齢者専用賃貸住宅の場合、高齢者専用ということ以外、特に規定はありません。
このため、バリアフリーでない物件もあり、入居条件や費用なども事業者によって異なります。

変形性膝関節症の場合、歩くのも困難な状態になると、廊下、階段に手すりがあったほうが安心です。
もしも変形性膝関節症で、高齢者専用賃貸住宅への入居を考えているのなら、こうしたバリアフリー機能が備わっているのか、確かめたほうが良いでしょう。

高齢者専用賃貸住宅の入居には、費用以外にも、自分にふさわしい機能が備わっているかもよく確かめることです。

Copyright© 高齢者専用賃貸住宅を知らない人の為に All Rights Reserved.

これからの高齢者社会に対応できる知識を参考になれば幸いです