6月, 2013年

マンションに太陽光発電の設置するための理解の共有

2013-06-30

はじめに、マンションは屋根の広さに対して、住んでいる住民の数が戸建に比べて多いため、日常生活でマンションの住民が太陽光発電の恩恵を受けられる(例:部屋の電気や、電気機器のための電気として使う)ことは難しいと思う。

しかしながら、マンションには「共有部分」というものがあり、その部分に対して太陽光発電を使うのはよい案のように思う。
太陽光発電という自然エネルギーであるから、誰もが平等に電力を使用することができる。
マンションの管理費も太陽光発電によって少なくなる。

もちろん、設備を導入する費用は住民で負担する必要があるが、住民が多いほど、各家庭への負担も少なく済み、
1家庭あたりの費用で言えば、戸建よりもより少ない費用で太陽光発電を利用することができ、ひいては地球環境にやさしい自然エネルギーを、気軽に利用できる点でもよいと思う。

ただ、マンションに太陽光発電を設置することの難しさは、多くの人の価値観が合わない点にあるのではないかと思う。
太陽光発電は、まだ導入にはそれなりの費用がかかり、費用的な面で導入に二の足を踏む人も多い。

戸建であれば、家庭内で同意を得られれば太陽光発電は導入可能であるが、マンションでは、太陽光発電の設備をつけたことにより価格が上がってしまったら、それをよしとする人もいれば、そこにお金をかけたくない人もいて、販売が困難になる可能性がある。
事実、太陽光発電はまだ一般的に普及しているというレベルまではいっていないため、多くの人の価値観を共有するマンションでは導入が難しいというのが実状ではないだろうか。

高齢者に多い脳出血などをコレステロールを下げることで予防

2013-06-06

コレステロールを下げることは健康面で色々なメリットがあります。
コレステロールは体内にある脂質のことで身体の働きには欠かせないものですが、
基準値よりも高い値になると、動脈硬化や心筋梗塞などを引き起こす要因にもなるので注意が必要です。

コレステロールの値が上昇していても本人に大きな自覚症状がないのが怖いと思います。
コレステロールを知るには血液検査で脂質の項目を見ることで判断できるので、
定期的に健康診断を受けて自分のコレステロール値を把握しておくようにしたいものです。

コレステロールを下げる方法については、普段の食習慣を見直すことで実行できます。
牛肉、レバー、いくら、うに、魚卵類などのコレステロールを多く含む食品を控えることはもちろん、
全体的にバランスの良い食事を適正な分量だけ食べることが大切になります。コレステロールを下げる効果の食品についてこちらhttp://kenkoumaniti.jp/koresuteroru.htmで紹介してます。

コレステロールを下げる献立としてヘルシーな和食が良いという意見があります。
お刺身や焼き魚にご飯、野菜の煮物やお浸しなどのメニューはダイエットにも良いですね。

コレステロールを下げることで、心筋梗塞、脳出血、脳梗塞などの病気を予防することができます。
ひごろから運動をして消費カロリーを多くする、そして食生活を整えることが大切になるので、
生活改善に取り組んでコレステロールを適正な値に安定させるようにしたいものです。

Copyright© 高齢者専用賃貸住宅を知らない人の為に All Rights Reserved.

これからの高齢者社会に対応できる知識を参考になれば幸いです