12月, 2012年

高齢者専用の賃貸住宅を選ぶ際

2012-12-23

高齢者専用の賃貸住宅を選ぶ際には様々なことに注意をしておかなければなりません。

まず、高齢者が使いやすいような構造になっているかということ。

高齢になり手足が不自由になると一般的な家でも住みにくく感じられるようになります。

このため高齢者に対応した物件を選んでおく必要がある訳です。

例えば手すりなどのバリアフリーが施されているかどうかということ。

前述したように手足が不自由な高齢者は一般的な住宅でも普通に暮らすことができなくなります。

しかし、階段などに手すりが設けてあれば高齢者の方でも通常の暮らしを実現させることが可能です。

また、ソファなどの家具が高齢者に適したものであるのならばさらに快適に暮らすことができるでしょう。

アパートやマンションに済むのであればエレベーターが

ついてあるかどうかということも確認しておくようにしましょう。

高齢者の方が出かけるたびに階段を上り下りしたりするのは大変です。

そのため必ずエレベーターなどの移動手段があることを

確かめておく必要があります。

もしエレベーターが設けられていないのであればなるべく

下の階に住むことを意識しましょう。

一般的な住宅選びとは異なり高齢者専用の賃貸住宅を選ぶ時というのは

家賃などの金銭面の問題を気にする必要はないでしょう。

その代わり高齢者対策がしっかり行われているかということを確かめておくようにしてください。

 

 

 

 

高齢者になってからの一人暮らしには

2012-12-19

高齢者専用賃貸住宅という言葉をご存じでしょうか。

高齢者専用賃貸住宅というのは、高齢者だけが住める賃貸住宅という意味ではなく、

高齢者の入居を拒まない賃貸住宅という意味をさすのだそうです。

高齢者になると、年金暮らしで収入が少なくなり、突然大きな出費があった場合に

家賃の支払いが滞ってしまうことが考えられます。

また突然病気になる可能性も大きくなり、家賃収入が入らないことを恐れるオーナーは

高齢者の入居を断ることが今までは多かったのだそうです。

また高齢者ならではの問題として、現在独居老人や孤独死の問題があります。

そのため高齢者が入居するのを拒まない賃貸住宅が必要となり、

国の政策によって高齢者専用賃貸住宅というものが作られました。

通常の賃貸と違うところはいろいろなサービスがついているところのようです。

食事サービス、緊急通報サービス、介護サービスや家事サービス、

ホームヘルプサービスやデイヘルプサービスなど、

いろいろなサービスがついているところがあり、

高齢者が安心して住めるようになっています。

独居老人や孤独死の問題をなくしていくためにも、

高齢者専用賃貸住宅がどんどん普及していくことが求められています。

松山にもデリヘルだけでなくどんどん高齢者専用賃貸住宅を

増やしてほしいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

高齢者住宅は都会に多い

2012-12-17

人口密度から考えれば、田舎のほうが高齢者が多いイメージが強いですが
都会であってもたくさんの高齢者が暮らしています。
そのため高齢者用の専用住宅も、田舎よりも都会のほうが多いのです。


本来ならば田舎暮らしをしている高齢者のためにも、
たくさんの地域に専用住宅があるほうが望ましいといえます。
しかし地方ならば自分の住宅を持っている人も多く、
住んでいる場所を離れたくないというケースも多いのです。
そうなるとたとえ田舎で専用住宅の需要があったとしても、
都会に比べれば少なくなってしまい、ビジネスそのものが
成り立たないわけです。
そのためどうしても都会に専用住宅が増えてしまうといえます。
長年慣れ親しんだ地域を離れたくないと考えることは多いものです。
特に自分の家を持っている高齢者ともなれば、
その地域に何十年も住んでいることも珍しくはないでしょう。
その時点でいきなり都会へ出て暮らすというのは、
非常にストレスがかかるものです。
そのため無理に高齢者用専用住宅に入るよりも、
たとえ少し不便であっても、自分の家で過ごしたいと考える人は
多いのです。
離れて暮らす家族にとっては、専用住宅に入ってくれたほうが
安心することもあります。
しかしそれはあくまで他の人から見た考えであって、
本来ならば本人の希望を一番に尊重することが大切だといえるでしょう。

 

 

お肉とお魚

2012-12-10

歳をとってくるとお肉よりもお魚がいい・・・と感じる人が多いはずです。

日本ではかつて魚食がメインでしたから、今の高年齢層が

魚を好むケースは多いのはある意味当然とも言えます。

しかし、肉食文化が根付いた現代においては、

いくら歳をとったとしても、魚よりも肉が良い・・・と考える人が

増えてきてもおかしくはないでしょう。

かたいものが噛み切れなくなると、お肉などは食べにくいですが

やわらかくなるような調理方法で食すこともできます。

そうなってくると、高齢者専用住宅に入ってから、

銀座の焼肉を食べに行こうと考えることもあるかもしれません。

さすがに焼肉店ともなれば、食す肉の量もかなりのものになりますから、

量よりも質を重視した店のほうが良いでしょう。

さすがに自分だけでは食べきれないということならば、自分の子供や

孫などをさそって、ファミリーで出かけてみるのが良いかもしれません。

 

また最近では焼肉店であっても、いろいろなメニューを用意しているところもあります。

焼き魚やお刺身、おつまみなどが充実しているところもありますから、

焼肉店に行っても焼肉以外のものを楽しむ・・・ということもできてしまうのです。

高齢者専用住宅の近くに、こういったお店があるのならば

たまに立ち寄ってみるのも良いかもしれません。

毎度では少々食事代が高くついていますから、

たまに訪れるくらいがちょうど良いでしょう。

 

 

 

専用住宅周辺に欲しいもの

2012-12-06

高齢者専用賃貸住宅を利用するとなれば、
利便性も大事になってきます。
基本的には高齢者用に作られていますから、
病院が近かった買い物がしやすいところに
建てられていることが多いでしょう。
立地によってはそれらが困難なこともありますが、
それをカバーするような
サービスなどがもうけられていることもあります。
こういった住宅を利用する際に気にしておきたいのが、
美容室の存在です。
稲田堤は美容室も多いでしょうが、
そのすぐそばに高齢者専用住宅が
必ずしもあるとは限りません。
毎日行くところではないかもしれませんが、
髪の毛のお手入れというのは
いくつになっても気にしておきたいものです。
お化粧などは年齢を重ねるごとに
しなくなってしまうことも多いものですが、
髪型さえしっかりと整えておけば、
清潔な印象を保つことが出来るでしょう。
美容室などは、ちょっとしたおしゃべりの場としても使えます。
他のお客さんもいれば、その人も交えてちょっとした
座談会のような状態になることもあるかもしれません。
よく話し、よく笑うことで健康を保つことも出来ます。
高齢者用専用住宅に入居したあとも、時には積極的に
近所の美容室などに足を運び、
会話を楽しんでみるのもいいでしょう。
高齢者が集う場所なら、美容室に直接用がなくても
案外おしゃべりの場として親しまれているかもしれません。

 

 

 

Copyright© 高齢者専用賃貸住宅を知らない人の為に All Rights Reserved.

これからの高齢者社会に対応できる知識を参考になれば幸いです