11月, 2012年

専用住宅ならではの配慮

2012-11-30

高齢者専用の賃貸住宅は、他の賃貸住宅とは違う部分がたくさんあります。
バリアフリーの空間はもはや常識ともいえるでしょう。
あとは、高齢者があつまってくつろげるスペースが確保されたり、
寝室からトイレが近かったりと、物件によってそれぞれ特徴ある
つくりになっています。
自分が望むものが決まっているのなら、それにあてはまる
物件を探してみるのも良いでしょう。
条件がよければよいほど、月々に支払う金額は大きくなるものです。
自分たちが支払える金額は限界があるでしょうから、
その金額をあらかじめ決めておき、
場合によってはいくつかの条件を妥協することも大事です。
便利な住宅のほうがいいですが、希望をあげていけばキリがないものです。
もしこれらの住宅に入居を希望していて、過払いを群馬で手続きしようと
考えている場合は、早く借金の問題を解決したほうが良いでしょう。

せっかく引っ越してゆっくりとした暮らしが出来るようになったとしても、
借金の問題を抱えたままではなかなか気が休まらないはずです。
また、借金の支払いが長く続くようならば、
ゆとりある住宅への引越しがしづらいものです。
中には、すでに支払うべき金額をすべて払いきっている可能性もありますから、
早めに専門家に相談して、早いうちに借金の問題は解決しておきましょう。

 

 

ベッド完成~♪

2012-11-25

そろそろ今の部屋のレイアウトにあきてきたので

模様替えをしようと考えているのですが、

まずはベッドをどうにかしなければなりません。

模様替えと言ってもただ家具の配置を変えるだけなのですが、

そうすることで新しい気分でまた仕事などを頑張ることが出来るのです。

今回の模様替えは、ベッドを自分で作ってみるということで、

なぜ自分でベッドを作ろうかと思ったのは、家具屋に行っても

自分の気に入るデザインのベッドがなかったり、

部屋のサイズにあわなかったりしているからいっそのこと自分で

ちょうどよいサイズのベッドを作ってしまおうということなのです。

もう一つ理由があって、債務整理を千葉でしている同級生が

家具などを自分で何でも作ってすっごく良い家を作ってきたので、

自分もやってみたいと思ったからなのです。

ベッドの作り方をインターネットで調べてみると非常に多くの方々が

自分で作っていることに驚きましたし、ブログでその製作方法などを

紹介している人も多かったのでその方々のを参考にしながら

自分のお気に入りのベッドを作りました。

週末だけの作業でしたので、一ヶ月ぐらいかかりましたが、

どうにかベッドが完成して、部屋の模様替えも終わりました。

 

 

 

専用住宅に入る前にしておきたいこと

2012-11-24

高齢者専用住宅に住むことになれば、今まで住んでいた家から
引越しをする必要が出てきます。
慣れ親しんだ家を離れるのは悲しいことですが、歳をとることで
住宅での暮らしが困難になるようなこともあるでしょう。
そうなれば、後々のことを考えて高齢者専用の賃貸住宅へ
入居したほうが安心して暮らせるはずです。


それは自分もちろんのこと、自分の子供などにもいえることです。
子供にとっては、遠く離れた地で暮らしている親を心配することも多いものです。
しかし配慮が行き届いた住宅に住んでいれば、きっと安心することでしょう。

もしそういった住宅を利用したいと考えている場合は、
入居前にやるべきことをこなしておく必要があります。
そのひとつとして相続の問題があります。

相続を群馬で手続きしたいと考えている場合は、
早いうちから自分の資産について真剣に悩んでおくのも大切です。
たとえば資産が多いようならば、それらを生前に整理しておくことで
相続をスムーズに進めることもできるでしょう。
自分がいなくなってからのことを真剣に考えることは難しいことですが、
後々残された人たちのことを考え、自分に出来ることを精一杯やっておけば
万が一のことがあったときでも安心できることでしょう。

人間の命は限りあるものですから、いつまでも元気に・・・
とはいかないものです。
それを自覚しながら元気なうちに出来ることはやっておきましょう。

 

 

「地域優良賃貸住宅」制度に。

2012-11-22

平成23年10月20日に、「高齢者の居住の安定確保に関する法律」の改正法が

施行されたことにより、「高齢者円滑入居賃貸住宅(高円賃)」

「高齢者専用賃貸住宅(高専賃)」の制度が廃止となりました。

賃貸住宅の空室率の上昇や、高齢者向け優良賃貸住宅の供給の対応の遅れなどの

事情により、入居資格を緩和し、高齢者向け優良賃貸住宅等を合わせて、

地域優良賃貸住宅制度に改正されることになったのです。

改正法が施行された後は、同様の仕組みが「地域優良賃貸住宅」制度となります。

この制度は各自治体の判断において運営されます。

「地域優良賃貸住宅」とは高齢者の方が安心して、安全に居住できる賃貸住宅。

「バリアフリー化」や「緊急時対応サービス」を利用することもできます。

また、高齢者の生活を支援するために、

任意の付加的サービスの提供をすることや、

社会福祉施設等を併設することで、

より快適、安心して居住できることになります。

「高齢者向け優良賃貸住宅制度」は、

60歳以上の単身、夫婦世帯の方等を

入居対象にしています。

でも、この制度を活用すれば離婚したときはどうなるのだろう?

資産の問題で離婚を弁護士へ依頼できなくなるのでは?

と身近な問題として考えてしまいました。

 

 

いくつになっても若々しく

2012-11-21

いくら歳をとったからといって、それで日常生活に

支障が出ることは出来ることならば避けたいものです。

高齢者用の住宅に入れば色々と便利なことも多いですから、

ゆっくりと老後を楽しむことも出来ることでしょう。

仕事をしているときには忙しくて行うことの出来なかった趣味に

没頭するというのも良いかもしれません。

たとえば回春や風俗を楽しむというのも意外ではありますが

ありえない話ではないでしょう。

歳をとったとしても体も健康な人は多いものです。

社交ダンスや水泳といったようなものを楽しむ人もいるようです。

特に社交ダンスは、夫婦で一緒に楽しむことが出来ますから、

夫婦共通の趣味が出来ると評判でもあるようです。

こういった趣味は自宅で行うには少々難しいですから、

積極的に外に出る必要があります。

しかしその外に出るという行動自体が、若々しさを保つための

ひとつのポイントでもあるのです。

人間は健康のために運動をすることは欠かせませんから、

ちょっと出歩くだけでもかなり変わってくることでしょう。

外に出たいという気持ちがあるだけでも十分なのです。

だんだん外に出ることすら面倒になってしまえば、

体だけでなく心も弱ってきてしまうことでしょう。

さらに最近は健康食品も増えてきていますから、はやいうちから摂取しておくことで

いつまでも元気に過ごせるようにもなってきているといえます。

 

 

 

騒音の問題などで悩んだら弁護士に相談

2012-11-15

老後などに揉め事に巻き込まれる人生何ってなんだか嫌なものですよね。

そんなことにならないように日々過ごしていたとしても、

そうもいかないときだってあります。

それは自分自身がそういったことに巻き込まれるようなことはないと思っていても、

実際には巻き込まれていて気がつかなかっただけなんてこともあります。

住宅などを借りていたのだけれど、実際そのことがもめる原因になっていた

なんてこともあるのです。

よくあるのが騒音の問題です。

自分が出していなくても、他の家が騒音をかきたてて安寧な時間を過ごせなかったとします。

そんな場合には自分たちが原因ではないのに、なんでここまで悩まなければ・・・

ということになってくるわけです。

こういった時は、住宅を管理している企業などに相談してみることもできます。

住宅関係の企業の弁護士であれば、住宅問題に精通していますから

思っている以上の答えが返ってくることもよくある話です。

自分たちができないようなことであっても、専門家では対処が用意だったりもするわけですから。

老後の住宅は安息の場所です。

そういった場所でつらいお思いをすることも、悲しい話ではあります。

我慢せずに相談することも大切なことなのです。

 

 

 

交通事故よりも在宅の事故が多い高齢者。

2012-11-14

高齢者の事故の割合は、交通事故よりも在宅中の方が多いというのをご存知でしたか?

私の祖父は交通事故に群馬の生まれ育った地では遭ったことがありません。

そのかわり、階段からすべり落ちてしまったなど、在宅中の事故を

2度ほど経験しています。

家の中にいれば安全だ、というわけではないんですよね。

若い時は、何の苦でもなかったちょっとした段差が辛かったり、

高齢になると体が思うように動かなくなってしまいます。

そんな高齢の方が安全、安心して暮らせるのが「高齢者専用賃貸住宅」です。

住宅はバリアフリー設計になっており、とても過ごしやすくなっています。

また、寝室や浴槽、トイレには緊急通報装置が設置してあり、

万が一の事故や病気の時は医療機関へ連絡されるシステムがあります。

これならもしもの時も安心ですよね。

昔だと、複数の世帯が一緒になって生活するのが当たり前でしたが、

今はそれぞれが独立して生活することが増えています。

何かあった時、簡単に医療機関に連絡してくれるというのは、とても安心ですよね。

ぜひ、祖父や祖母には住んで欲しいなと思っています。

私自信、まだまだ現役で働いていますが、今後、高齢者専用賃貸住宅に

住みたいなと思っています。

子供や、孫に心配はかけたくないですからね。

 

 

高齢化社会に潜む多くのリスクと交通事故

2012-11-13

高齢化社会は、我々がどんなにあがいたところで、もうすぐそばまでやってきています。

こういった状況で、自分たちに降りかかるリスクを軽減するために、

高齢者専用賃貸住宅などに移り住むこともあります。

こういった住宅では、様々な設備が備わっていますし、

高齢者ならではのリスクに対応した医療のホットダイヤルや管理などが付加されていたりします。

だからこそ、高齢者のリスクの軽減策として、社会的に推進され始めてきているものの一つなのです。

高齢化社会になればなるほど、生活する上でのリスクは高くなってきますので、

こういった住宅などがとても便利な存在になってくるわけです。

他にも高齢化社会に対するリスク軽減策はあるものです。

例えば車を運転する人などであれば、保険の範囲を考えておくということも、

リスク管理としては大切です。

特に事故などを起こしてしまったときを想定してかける保険なのですから、

交通事故に弁護士を頼めるオプションなどは是非組んでおきたい項目になるのです。

交通事故では保険会社が自分に変わって交渉の場に立ちますが、

弁護士などでなければ通用しない場合もあり、そういった場合にオプションを組んでおくと

保険会社が身代わりになってくれるサービスなのです。

高齢者の車の事故はとても多くなってきていますから、こういったリスクに関しても

対応していくべき問題であると言えるのです。

 

 

 

 

 

 

ネイルスクールで精神ケアまでフォローできるのならば

2012-11-12

高齢者ケアを考えた場合に、

最近ではネイルケアの能力が用いられる例が

あるのを知っていますか?

高齢者介護といっても様々な分野があります。

単純な介護から、精神的ケアまで

範囲はすべてと言っても問題がありません。

特に女性の場合には、いつまでもきれいでありたいとか、

美しくありたいという願望があります。

その中でも、手先がきれいでいたいというのは、

年齢を重ねるごとに自分の手を見て

その年齢に愕然としてしまうことがあるからです。

特に爪などは年齢とともに血色が悪くなり、

手のしわなどと同様な思いをしてしまうこともあるわけです。

そこでネイルスクールなどでも、ただ単純に手先を飾る技術だけではなく、

精神的なケアとしてもネイルが使えることを教えていたりするわけです。

現状では国家資格ではないために、スクールごとに教えている部分に差がありますが

、こういった介護的な分野にまで応用することで範囲も広がってくるわけです。

ビジュアルだけでネイルを考えている人がほとんどの中、

もっと先を見越した教育などに力を入れているスクールなどは、

これから行政なども援助してほしいなと思います。

飾り立てることだけに使うには、もったいないようなものもあるわけですからね。

 

 

群馬の高齢者社会に対する対策と交通機関

2012-11-09

高齢者社会になった時に、社会的な公共交通機関の存在はとても重要になってきます。

そんな公共交通機関が少ない土地では、高齢者用の小型バスなどを走らせて

対応している市町村もあったりします。

群馬は一世帯当たりの自動車保有台数がとても多い土地柄です。

自動車産業が多くあったために、自前の自家用車の方が利便性が高くなってしまい、

結果的に公共交通機関が発達しにくい状況ができてしまったわけです。

そのため群馬の交通事故も必然的に増加してしまっています。

特に高齢者の運転による事故は、まったく減る気配もなく、

これからの高齢化社会を考えれば事故数は増加すると予測されます。

そのため、過疎地域などではワンボックスカーなどを改造した、

小型バスが走っていたりするのです。

だからと言って使いにくいわけではありません。

一回チケットを買えば、一日乗り放題だったりします。

これは、病院などに行く場合に、片道分だけだせば、

返りまで乗って返ってこれることにより、利便性を高めているというわけです。

どうしても交通費を浮かそうと、帰り道に歩いて帰るなどということは、

高齢者の場合に事故に巻き込まれる危険性や、高温な土地柄などが

健康を害したりすることを防いでいるのです。

ただ交通機関がすくなというだけではなく、高齢者対策も考えている例なのです。

 

 

Copyright© 高齢者専用賃貸住宅を知らない人の為に All Rights Reserved.

これからの高齢者社会に対応できる知識を参考になれば幸いです