Archive for the ‘お気に入りサイト’ Category

最近話題の骨盤ショーツとその効果とは?

2015-10-20

「骨盤ショーツ」というのをご存知でしょうか?
ショーツということで下半身に付ける下着なのですが、
骨盤の位置を矯正する機能がついているもののことを言うんです。
出産で骨盤の位置がずれてしまった人に効果的なんだとか。
産後ダイエットに骨盤ショーツを履く人も多いみたいですね。
産後だけに限らず、一般の方でも履いていたらダイエット効果があるみたいですよ。
骨盤ショーツは、下腹部からおしりにかけてキュっと締め付けてくれます。
でも不快感は特になく、逆に引き締められて姿勢が正されるため心地よい刺激があります。
履いてみたらわかるかと思いますが、適度な締め付けで「おなかに効いてる」ことが感じられますよ。
今まではいかにも「おばさん」っぽい骨盤ショーツばかりでしたが、
最近では人気ファッションモデルがプロデュースしたものなど、おしゃれなものも登場しています。
2000円弱で買えるので、数枚買って毎日履いている人もいるそうですよ。
早い人ならだいたい1週間くらいでおなか周りのぽっこり感がなくなったと感じるそうです。
特に今はスタイルに困っていない、という方も下半身太り予防として履いてみるのもいいかもしれませんね。
買う際は通気性のいいものがおすすめです。

田舎暮らしのその後の高齢になった時のことも考えよう

2013-08-15

憧れの田舎暮らしのために働き盛りのうちからしっかり貯金しておこうという方は大勢いらっしゃいますが、将来田舎暮らしをする事が出来たとしてもその後の生活がどうなるかは全く分かりません。

もしかしたら大きな怪我を負って寝たきりの状態になってしまったり車椅子生活になってしまったりと今まで想像もしていなかった形で生活を送らねばならなくなったという方も少なくありません。

そんな事態に陥った時でも安心して生活する事が出来そうな高齢者専用の賃貸住宅がある地域を探しておくのも将来を見越した良い選択であるといえるでしょう。

最近は田舎も高齢者が増加してきているためそういった施設が増えてきているといいます。

現に介護者向けの施設を求める声は増加の一途を辿っており、今働き盛りの人が第二の人生を歩き出すころには高齢者が利用する介護施設はより多くなっている事でしょう。

夢のある田舎暮らしも出来ることなら過ごしたいところですが、常に悪い事態を見越した備えを怠らないことも大切なことだと覚えておきましょう。

婚活であろうが高齢者専用賃貸住宅だろうが知らなきゃ損

2013-08-06

やはり見易さが重要なのと、初めての人でも分かり易かったり想像しやすいということが大切だと思います。
私が婚活サイトを見始めたのは数ヶ月前からですが、婚活内容も全く知らなかったので例えばお見合いパーティーといえば、ドレスでホテルの立食パーティーみたいなものと勝手に思いこんでいました。

ところが、サイトをみてみるとどこのサイトも多いのが全員着席型とか2ショット個室型とかでした。
パーティーを想像していた私にとっては意味不明で問い合わせてしまいました。又、服装もどんなのがいいのか想像がつかず困りました。
結局それも問い合わせてしまいました。
婚活パーティーそのものの知識も少ないので、まずはいろいろと分からなければ私のように問い合わせしてみるのも一つ。
もう一つは婚活に実際に参加された方たちの口コミから雰囲気や情報をくみ取るのもいいでしょう。
そんな婚活の口コミはエクシオの口コミなどといったところで情報提供されてますよ。
また口コミといった情報も大事ですが
写真がたくさん載っていればもっと初心者でも想像しやすいのだと思いました。

ましてや、私みたいに勝手な思いこみをしている場合ですと、文章で内容を読めば読むほど訳が分からなくなり面倒くさがりの人でしたら問い合わせるどころか行くことをやめてしまうのではないでしょうか。

パーティーのカップル成立のパーセンテージを毎回公表してくれているサイトは、参加してみたくなります。
現実的に感じるし自分も成立したいという想いが高まります。

サイトをみていつも思うことが、会社によって条件設定が豊富なところとそうでないところの差が激しいという事です。
ある会社は例えば身長制限、役職制限、煙草制限など設けていますが
一方は毎回年齢制限のみとなるとアクセスも制限豊富な方に頻繁にしてしまいます。
婚活もそうですが、私の祖父がいま高齢者専用賃貸住宅について調べているのですが、これも画像や口コミが選ぶ大きな基準となりますね。

変形性膝関節症の場合、治療にふさわしい高齢者専用賃貸住宅を

2013-08-05

最近増えている高齢者専用賃貸住宅は、国土交通省と厚生労働省が連携して進めている、高齢者が介護のサービスも受けながら住むことが出来る賃貸住宅です。

高齢者専用賃貸住宅は、高齢者だけを入居対象としているので、高齢者の生活を考慮し、バリアフリー構造など、高齢者が住みやすい住宅というイメージがあります。

ただ、知っておくべきなのは、バリアフリーは義務ではない、ということです。
高齢者専用賃貸住宅は、サービスが受けられる、という点では有料老人ホームと同じですが、有料老人ホームと違うのは、管轄が国土交通省で、運営は各事業者に委ねられる、ということです。

高齢者専用賃貸住宅の場合、高齢者専用ということ以外、特に規定はありません。
このため、バリアフリーでない物件もあり、入居条件や費用なども事業者によって異なります。

変形性膝関節症の場合、歩くのも困難な状態になると、廊下、階段に手すりがあったほうが安心です。
もしも変形性膝関節症で、高齢者専用賃貸住宅への入居を考えているのなら、こうしたバリアフリー機能が備わっているのか、確かめたほうが良いでしょう。

高齢者専用賃貸住宅の入居には、費用以外にも、自分にふさわしい機能が備わっているかもよく確かめることです。

高齢者賃貸住宅に勤める友人から聞いた田舎暮らし

2013-07-23

現在はミナトヨコハマに暮らす私ですが、出身は富士のふもとのド田舎なのです。
若い頃はとにかく東京に出たかったです。大学進学を機に、首都圏に出て来て以来その辺りに暮らしています。帰るつもりは無い、とずっと思ってきたのですが、年齢を重ねたせいもあってか少し考えが変わってきました。

地方の物件ばかり紹介している不動産会社や雑誌など、田舎暮らしを称賛するような媒体も増えましたね。都会からわざわざ田舎に移り住み、地元民がやらなかったことを始めて、地元のニーズのみならず外からの人や金を呼び込むことに成功し、地域の活性化に一役買っている・・・そんな元都会人の生き生きとした暮らしぶりなどを紹介されると、ずっとその中で暮らしている人よりも外にいた人の方が田舎の良い所や活かし方を知っているのかな、と思います。

芸能人などで田舎に移り住んで、趣味のように積極的に有機農業にも取り組み、収穫した農作物で小洒落たカフェを開くなどは、そこに長らく住む地元民には今更思いつかないことだったりします。財力の問題もあるでしょうが・・・。

私の田舎でも近年全国的に話題になるようなお店やスポットは、水や空気の美味しさに注目して他県からやってきた人たちが始めたような所が多いようです。
住居にしても、その景色に相応しい佇まいの家に敢えて好んで暮らしているのは都会からの移住者で、地元民などはなるべく田舎臭さを排除したがっているように見えます。かつて、私が東京のマンション暮らしに憧れていたように。

実際に暮らしてみたら全てが良いことばかりではなく、煩わしさや問題もあることでしょう。けれど、都会人だからこそ田舎のメリットを活かし、デメリットをも消化して、田舎でしかできない生活を楽しむことができるのではないかと思います。

楽しい田舎暮らしの情報なら田舎暮らし物件情報から、まずは田舎暮らしのメリットなどいろいろと情報を得ることが大事です。

マンションに太陽光発電の設置するための理解の共有

2013-06-30

はじめに、マンションは屋根の広さに対して、住んでいる住民の数が戸建に比べて多いため、日常生活でマンションの住民が太陽光発電の恩恵を受けられる(例:部屋の電気や、電気機器のための電気として使う)ことは難しいと思う。

しかしながら、マンションには「共有部分」というものがあり、その部分に対して太陽光発電を使うのはよい案のように思う。
太陽光発電という自然エネルギーであるから、誰もが平等に電力を使用することができる。
マンションの管理費も太陽光発電によって少なくなる。

もちろん、設備を導入する費用は住民で負担する必要があるが、住民が多いほど、各家庭への負担も少なく済み、
1家庭あたりの費用で言えば、戸建よりもより少ない費用で太陽光発電を利用することができ、ひいては地球環境にやさしい自然エネルギーを、気軽に利用できる点でもよいと思う。

ただ、マンションに太陽光発電を設置することの難しさは、多くの人の価値観が合わない点にあるのではないかと思う。
太陽光発電は、まだ導入にはそれなりの費用がかかり、費用的な面で導入に二の足を踏む人も多い。

戸建であれば、家庭内で同意を得られれば太陽光発電は導入可能であるが、マンションでは、太陽光発電の設備をつけたことにより価格が上がってしまったら、それをよしとする人もいれば、そこにお金をかけたくない人もいて、販売が困難になる可能性がある。
事実、太陽光発電はまだ一般的に普及しているというレベルまではいっていないため、多くの人の価値観を共有するマンションでは導入が難しいというのが実状ではないだろうか。

高齢者に多い脳出血などをコレステロールを下げることで予防

2013-06-06

コレステロールを下げることは健康面で色々なメリットがあります。
コレステロールは体内にある脂質のことで身体の働きには欠かせないものですが、
基準値よりも高い値になると、動脈硬化や心筋梗塞などを引き起こす要因にもなるので注意が必要です。

コレステロールの値が上昇していても本人に大きな自覚症状がないのが怖いと思います。
コレステロールを知るには血液検査で脂質の項目を見ることで判断できるので、
定期的に健康診断を受けて自分のコレステロール値を把握しておくようにしたいものです。

コレステロールを下げる方法については、普段の食習慣を見直すことで実行できます。
牛肉、レバー、いくら、うに、魚卵類などのコレステロールを多く含む食品を控えることはもちろん、
全体的にバランスの良い食事を適正な分量だけ食べることが大切になります。コレステロールを下げる効果の食品についてこちらhttp://kenkoumaniti.jp/koresuteroru.htmで紹介してます。

コレステロールを下げる献立としてヘルシーな和食が良いという意見があります。
お刺身や焼き魚にご飯、野菜の煮物やお浸しなどのメニューはダイエットにも良いですね。

コレステロールを下げることで、心筋梗塞、脳出血、脳梗塞などの病気を予防することができます。
ひごろから運動をして消費カロリーを多くする、そして食生活を整えることが大切になるので、
生活改善に取り組んでコレステロールを適正な値に安定させるようにしたいものです。

今の高齢者の方も行っていたであろう銀座のクラブ

2013-05-07

政治家や経営者、俳優など日本のVIPが集まる場所が銀座のクラブ。

いろいろな小説、映画の舞台にもなっています。
銀座のママの接待は年配者にとって特によいものでしょう。たいていは重鎮と呼ばれる人たちが飲んだり食べたりして、これからの政治や、経済のこと、あるいはただの息抜きに使います。
六本木、歌舞伎町と違うのは格式がいささか高く、費用も高いという感じ。

若い人はあまりいかないでしょう。
とにかく日本の昔ながらのトップ層が行くのが銀座で六本木は若い人か新興企業の経営者がいくという感じです。

歌舞伎町は外国人が多く、
銀座は60代70代の男性が行く。

しかし最近は若い人が飲みに行かなくなったと言う話しをよく聞きます。缶ビールで自宅で乾杯。あるいは発泡酒で済ます人も多くなりました。
20年ほど前はよくあった朝まで飲んで帰る人も減り、娯楽はネットで済ますと言う人が多い時代です。

社会人の娯楽は多様化し、クラブで酒を飲んだりする習慣はなくならないかもしれませんが、今後大きく増えることはないかもしれません。
クラブに行くのは憩いのために行くのですから、ハイテクなどを取り入れるといいのかもしれません。
メイド喫茶と言うものが依然はやったがあれも現代的なクラブと言えなくもありません。

結局は来てくれる人を楽しませるのがクラブというものですから、時代に合わせればいいと思います。
若い人でも行きやすい、そんな銀座のクラブが増えてくれるといいと思います。

高齢者の方にも役立つ電話代行

2013-04-24

18、9年も前のお話になります。

私の兄と妹の二人でサイドビジネスならぬ、小さな輸入販売のお店をやっていました。
フォーマルドレスやウェディングドレス、それに付随するアクセサリー、バッグなどの小物類をアメリカで仕入れて、お店で販売する、本当に小規模なビジネスで、売り上げも上がらず四苦八苦していた時です。

そんな事で資金的には全然、余裕はありませんでしたが、専業主婦だった妹を説得して、不慣れなビジネス業界へ引っ張り込んだ負い目を兄は感じ、電話の応対をプロの電話代行会社に、お任せすることにしたのです。

流石に名の知れた会社で、その徹底した研修や訓練の成果は、オペレーターの質の高さから垣間見ることが出来ました。資金的には割高でも、必要な経費だと気持ちを切り替え決めました。

小さなお店や会社のイメージダウンは、時として命取りにも成りかねません。
明るく、気持ちよく対応してくれるオペレーターの質は、何よりも電話代行会社を選択するための、1つの大きな目安と言えるのではないでしょうか。

今は、質の高いオペレーターと高品質な機能の電話代行もたくさんあると思います。

兄と妹たちの小さなお店は軌道に乗る前に、あの阪神淡路大震災で大きな被害を受け、閉店に追い込まれましたが、電話代行会社のお蔭でその対応はお客様にも評価されました。
今でも日記にはオペレーターの名前が残っています。
高齢者の方にも今後、電話代行が役立つ日がくるのではと思っています。

高齢者も検討している人が多いレーシック

2013-03-28

最近高齢者の方にレーシックについての話をよく聞かれることが多くなりました。
私は現在、両目が円錐角膜の病気になっています。

16歳の時に視力が悪くなりメガネを作りに行った所、見え方が変わらなかったこともあり一度眼科で見てもらうことを進められ検査の結果判明しました。

現在では両目とも手術をして、裸眼ではかなり見えづらい状態ですが
ハードコンタクトをすることによって生活をしております。

しかし、ハードコンタクトの持続時間が1日6時間くらいで眼が痛くなり
付けているのが辛くなることも多い状態で、眼球疲労による頭痛にも悩まされていたこともあり
定期健診に眼科に行った際に他の治療方法などないか医師に尋ねてみました。

その際に、レーシックに治療方法があると聞きました。

レーシック自体、裸眼で飛躍的に視力が回復すると言われ、スポーツ選手や芸能人なども
やっていることを知り、身近に感じてました。

しかし成功例ばかりではなく、手術後に眩しさや乾燥感で常に目薬をしないと
生活をできなくなったなど、被害の声を結構耳にすることをあったので不安は感じました。

医者に詳しく状況を聞くとレーシック費用は片眼で20万くらいすると言われ、
リスクについても否定せずに淡々と話してくることに
違和感を感じたこともあり、その場では即決せずにしばらく考えてみると言い
その日の診断は終わりました。

その後、自分で調べた限りでは医師でレーシックの手術を受ける少ないことを知り
まずまず不安になり今のところ手術を受けない方向に傾いてます。

« Older Entries

Copyright© 高齢者専用賃貸住宅を知らない人の為に All Rights Reserved.

これからの高齢者社会に対応できる知識を参考になれば幸いです